カテゴリー

parts

MT用コンピュータをつけてみた


私のZは元々AT車です。ATとMTではエンジンの仕様が若干違います。 AT仕様の方が低速重視でMT仕様は高回転向きです。
MTに載せ替えてあるATエンジンにMT用ノーマルコンピュータを取り付けてテストしてみました

助手席の足下からコンピュータを外します。
取り外し方はマルチチェッカー取り付けを 見て下さい。

黄色く囲んである部分がROMです。

ノーマルROMはこんな感じで基板に直付けです。
AT用コンピュータはROMを書き換えてあるためソケットに取り替えてあります。
測定はマルチチェッカーを使い、ブーストはHKSのEVC-IIでコントロールします
測定結果
項目 単位 MT AT
ブースト kg/cm2 アイドル 0.60 0.75 アイドル 0.60 0.75
負圧 mmhg -470 -480
エアフロー使用率 % 0.8 54.7 59.2 1.0 56.5 62.0
点火時期 deg 16 26
パワー ps 0.3 237.1 261.0 0.6 255.0 288.0
トルク kgm 0.3 35.2 37.4 0.3 35.2 37.8
A/F 13.8 8.0 8.0 14.4 8.0 8.0
回転数 rpm 750 6665 6665 860 6648 6665
インジェクター開弁率 % 1.3 73.8 83.7 1.5 78.2 87.7
結果はかなり違いました。
MT用はノーマルでAT用はROM書き換えてあるので単純な比較は出来ませんがMT用のブースト0.6では237psとカタログスペックよりかなり低い数 字になっています。(–;)
AT用ではパワー以上に低速域のトルク感が違います。

※マルチチェッカーは燃料消費量からパワーを計算しています。シャシーダイナモにかけて補正しないと正確なデータが取れない可能性があります。
相対的な比較結果としたあくまでも参考資料としてご覧下さい。

元のAT用コンピュータに戻す際、マインズのステッカー貼っておきました(オイ!(^^;))

これで5psアップかな。

コメント受付終了しました