カテゴリー

parts

ホース交換

最近、MY Zの負圧が変でした 正常なときはアイドリング時で-500mmhg位なんですが、ここ最近は-430mmhg前後とか 次の交差点で止まったら-350mmhgなんてときもありました エンジンは別にバラついてる感じもないのでちょっと調べてみました 多分どっかからエア吸ってるんだろうなぁと思ったのでホース類をチェックしてみました そしたらありましたよ! バキュームセンサー付近のホースに亀裂が! 周辺のホースをまとめてシリコンに交換しました これで元の負圧に戻りましたーー… read more

光軸調整用ギヤ交換

私のZ32は以前からロービームの光軸調整ができませんでした これはZ32では定番のギヤ割れってことです いつか交換しようと部品は取り寄せてあったのですが夜に乗ることが殆ど無いので不自由を感じることが少なく 放置してました(^^;) といってもいつまでも放置しておくわけには行かないので先日重い腰を上げようやく交換しました ヘッドライトをはずしたところ フロントフェンダー内のカバーとフロントガーニッシュ、フロントウインカーを外せばわりと簡単に外せます。(片側10分程) これが交換用のギヤ 1個400円ほどだったはず... ヘッドライトから外した古いギヤ 案の定、割れていました なんでこんなところに耐久性の無い樹脂を使うのかなぁ もう一方のライトはライト本体側のギヤが割れていました きれいに半分になってますよ(--;) 本体側のギヤは単品では部品が出ないので調整ネジ側のギヤを取り外して使用します ギヤケー… read more

水温センサーカプラー交換

Z32のエンジンルームがとても熱くなるのは有名な話し その熱のせいでハーネスやらカプラーやら樹脂製パーツはどんどん劣化していきます この水温センサーからひろった信号はECUにいっているわけで正確にデータを送ってもらうためにリフレッシュしました これが水温センサー カプラーを外してみると・・・・・・・欠けてる(T.T) 交換用のハーネス正確な値段は忘れましたが500円くらい ギボシ端子で繋いでも良かったんだけど今回は途中でカットして半田付けしました元の配線より新しいカプラーの配線の方が太いんだよねぇ... この後、テープで絶縁して終了! 今まで極低速でアクセルオフでゆっくり減速するとガクガク!っと車体が揺れたのもなくなりました!値段も安いし作業も比較的簡単なので低年式Z32オーナーの方は是非おためし下さい。 ※この記事は2005年に書いたものを再編集したものです… read more

ビリオンVFC-MAX取り付け

これからの季節、フェアレディZには辛い季節です。 Z32はデザイン優先のためエンジンルームが犠牲になって熱がこもってしまいます。 トラブルを未然に防ぐために健康管理は欠かせません 今までは後 付の水温センサーを利用した水温計を付けていましたが今回は純正の水温センサーを利用するビリオンVFC-MAXを取り付けてみました 水温の他に電圧が標準で表示される他、電動ファンを任意の温度で動作させることが出来ます。 さらにZ32(ターボ)の場合は高速、低速の2段階で動作させることが可能で す (ごく初期型以外はファンリレーが必要になります) NAは切り替え無しの一定速です。 オプションのセンサーを2つまで追加できます 水温+油温+吸気温って組み合わせも出来るんですよ これは凄い!! 今日の食材メーター本体(約φ60) 配線 写ってないけど取説 某中古パーツ屋で15,750円(税込)でゲット ヤフオクより安いぞ! 純正水温… read more

USフロントサイドマーカー取り付け

もはや定番のドレスアップとなった感のあるZ32のUS仕様フロントサイドマーカーに交換してみました 日産の輸出用パーツとして買うことも出来ますしZ Sports等で購入することも出来ます 通常の販売価格は左右で2万円近くしますが今回はK'sミーティングでalwaysさんが 出店されていたフリーマーケットで1セット4000円でゲットぉぉぉーーーー ラッキーでしたv(^^) ありがとー、alwaysさん これが今回の食材 中古品ですが美品です 配線は中期用になっています 私のZ32は初期型なので配線を比べてみると 初期型=2P 中期型=3P コネクター形状が違います 今回は部品取り車から外した車両側の3Pコネクターを移植します 用意できない場合はサイドマーカー側の配線を加工すればよいでしょう ギボシ端子を付ける時は+側をメスに、ー側をオスにします これは外した時にボディのショートするのを防ぐためです メス側はカ… read more

オリジナルアンダーカバー装着

フロントバンパーを社外品に交換すると純正のアンダーカバーが付けられなくなります ってことはラジエターの前で空気が下へ逃げてしまってラジエターを通過する空気量が圧倒的に減ってしまいます これはただでさえ熱対策に注意が必要なZ32には大きなマイナスでしょう こんなにスカスカです インタークーラーを通り抜けた空気がラジエラーを通らずに下へ抜けてしまいます 知り合いにステンレスでオリジナルアンダーカバーを製作してもらいました♪ 穴の位置を測って簡単な図面にして渡したらこんな感じで完成しましたよ いつもどおり平谷デンソーのリフトで作業しました 多少穴の位置を加工しましたがこんな感じで無事取付完了! 効果が楽しみです♪ ※この記事は2009年書いたものを再編集したものです… read more

タワーバー取り付け(リヤ編)

先日のタワーバーフロント編に続いてリヤ編です。 今回もアクティヴオートモービルで 販売されているものをチョイスしました。 今日の食材 オーバル形状のPGtypeで12,800円! リヤの内装をばらします。 ほとんどネジを外すだけなので省略。 それに2/2のオーナーが多いので2シーターで詳細に解説しても役に立たないでしょ(言い訳) 内装を外した後、サスペンションのボルトを外します。 これはタワーバーを共締めするため。 仮組みしてみるとこんな感じです。 リヤの場合はフロントと違い、内装を一部カットする必要があります。 この状態で慎重に穴の位置と大きさを決めます。 そして・・・・・・ ちょっと切りすぎた(--;) 内装を元に戻して修了 さて効果のほどは・・・ フロントはステアリングに反応があるのでわかりやすいの ですがリヤはそれが無い分わかりにくいです。 でも効果は体感できます。 片側だけの段差やマ… read more

タワーバー取り付け(フロント編)

定番チューンのタワーバー取り付けです。 タワーバーって以外と高いんですよね。 有名メーカー、ショップのものはFR各1.5〜2万位します。 今回私はアクティヴオートモービ ルで販売されているものをチョイスしました。 なんと前後とも9,800円!(スタンダードタイプ) オーバル形状のPGtypeで12,800円!安い!! PGTypeを購入しました。 アクティブオートモービルは愛知県一宮市にあるショップです。 どうも暗い青(写真右)がMyZのエンジンルームにあわないので明るいブルーメタに塗り直しました。(写真左) もちろんタミヤの「メタリックブルーTS-19」です。 取り付けは特に問題なく終了。 ただし、これをつけるためにはリンケージカバーを外す必要があります。ちょっと残念です。 なんとクスコのマスターシリンダーストッパーと共存できない事が判明!これは近日中に何とかするつもり。 さて効果のほどは・・・ フロン… read more

サスペンション交換

フロント編 Z32の場合、ノーマルでもかなり車高が低いのでジャッキがかかりにくいです。 厚さ5cm程度の木材に乗り上げると作業がしやすくなります。 私の場合、車高調で既に下がっていたのでこれ無しでは絶対にジャッキアップできませんでした。 ジャッキアップしてホイルをはずします。 (今はローダウン用のフロアジャッキが販売されています) エンジンルームのナットをゆるめておきます。 ショックアブソーバーによっては2のナットも緩めておいた方がいい場合もあります。 下側のボルト1本をはずすとショック1式が外れます。 実はこの写真の前に、スプリングコンプレッサ−でスプリングを縮めておく必要があります。 これがそのスプリングコンプレッサー。 5000円くらいですがすでに15年くらい使っています。 ブーツはこの際交換しておきましょう。 あとは逆の手順で組み付ければOKです。 ただし、フロント両側… read more

R33 typeM ブレーキキャリパー取り付け(フロント編)

今までR32 GT-R(BNR32)のキャリパーを使用していましたがR33タイプMの物に交換してみました。 基本的な構造、寸法はほぼ同じでZ32のターボ車にボルトオンで装着可能です。 (但しローターも交換する場合には280mm=>296mmと大径化するのでバックプレートを曲げる必要があります) R33スカイラインtypeM純正のフロントキャリパー ヤフオクでGET 中古品で程度が分からないためオーバーホールします。 一番大変なのがピストンを抜くところですが、ディーラー勤めの友人に「抜いて!」と頼みました(^O^) エアーで抜かないと辛いです。しかも1個抜けてしまうとそこからエアが漏れるので他のピストンは抜けなくなります。 間に木片を挟むなどしないとうまくいきません。 今回はタイラップで。 どうしても自分でやりたい人は自転車の空気入れを使いましょう。 リテーニングリングを外します。 マイナス… read more