カテゴリー

parts

イグニッションカプラー交換

Z32はエンジンルームが狭く熱対策が一番重要です。
熱がこもりホース類やプラスチック部品は堅くパリパリになってしまいます。
私のZも13年を超え劣化が著しいイグニッションカプラーを交換しました。
以前から、接触不良で5気筒になることが時々ありました。
カプラーの爪が割れてロックされていないためでした。
部品を取り寄せ交換します。

イグニッションカプラーASSY
B4343-OWFWO 610円/個
6気筒分用意します。
20cmほどの配線がついていますが配線はそのまま現車の物を使うのでカプラーだけにします。
コネクターカバー?を外してから配線裏側のゴムキャップを外します。
細いマイナスの精密ドライバーを使いロックの爪を外し配線を裏から引き抜きます。
最初はなかなかうまくいきませんが3気筒目辺りから慣れてくるはずです。
カプラーの構造を理解するために現車のを1個壊してみると良いでしょう。
あまりにも新品と違う感触にビック
read more

HKS前置きインタークーラー取り付け

Z32って左右それぞれ独立した3気筒のエンジンがクランクシャフトを通してつながってるって感じです
インタークーラーも左右独立です
これがまた小さいんですよね
HKSやトラスト、ARCなどいくつものメーカーから純正置き換えタイプが出ています
でも純正インタークーラーの後ろって風が抜けるように出来ていないんです(特に初期型)
そこでやっぱり前置きタイプを付けることに!

今日の食材 当然ヤフオクでゲットしたHKS製インタークーラー
HKS以外は
右タービン->左サージタンク
左タービン→右サージタンク

と各バンクの反対側へ入っていくタイプがほとんど。
HKS製は
右タービン->右サージタンク
左タービン→左サージタンク

純正と同じように左右独立するタイプです

この方が効率が良いらしい(たまちゃん談)

まずフロントバンパーを外す必要があります
細かいネジが結構あるんですが写真は少ないです(^^;)
でも少しづつバラしながら
read more

フロントパイプ交換

ヤフオクでゲットしたトラスト製のフロントパイプに交換しました。
フロントパイプを交換する事によって排気の抜けが良くなり結果的にパワー&トルクが上がります。
同時に触媒レスになってしまうので車検時にはノーマルに戻す必要があります。
作業はいつものように平谷デンソーで行いました

これが今日の食材
一番上がノーマル
太さの違いが分かります
ノーマルは特に触媒の入り口部分が細い
作業はすんなりといくはずだったが...

右側のフロントパイプがマフラーのフランジと角度が合わない!
30度近くずれているので無理矢理つけるとマフラーがプロペラシャフトに当たる!

困った.....

仕方がないので途中でカットして回転させて溶接する事に。

それにしても前のオーナーはどうやってつけていたんだろう?

右側が完了したところで今度は左側のねじが焼き付いていてナットをなめてしまった(–;)

サンダーでカットすることに。

ようやく作業完了!
read more

MT用コンピュータをつけてみた

私のZは元々AT車です。ATとMTではエンジンの仕様が若干違います。 AT仕様の方が低速重視でMT仕様は高回転向きです。
MTに載せ替えてあるATエンジンにMT用ノーマルコンピュータを取り付けてテストしてみました

助手席の足下からコンピュータを外します。
取り外し方はマルチチェッカー取り付けを 見て下さい。

黄色く囲んである部分がROMです。

ノーマルROMはこんな感じで基板に直付けです。
AT用コンピュータはROMを書き換えてあるためソケットに取り替えてあります。
測定はマルチチェッカーを使い、ブーストはHKSのEVC-IIでコントロールします
測定結果
項目 単位 MT AT
ブースト kg/cm2 アイドル 0.60 0.75 アイドル 0.60 0.75
負圧 mmhg -470 -480
エアフロー使用率 % 0.8 54.7 59.2 1.0 56.5 62.0
点火時期 deg 16 ̵
read more

アーシング

最近流行のアーシングを施してみました。
アーシングとはボディアースの抵抗を減らす為にバッテリーに直でつなぐものです。

バッテリーのマイナス端子を交換します。
これはケーブルをまとめやすいのと表面を銅で処理してあり抵抗が少ないから。
今回使用したのはオーディオ用の電源ケーブル。
サイズで言えば8スケアくらいでしょうか。
本当はもっと太いのが良いと思うのですが、適当なケーブルが手に入らなかったのでこれでやってみました。
圧着端子はホームセンター等で手に入りますが、圧着のための工具は高いのでハンマーでつぶしたり工夫が必要です。
私はいつもの平谷デンソーで専用工具を借りました。(^^)
アーシングのポイントは写真を参照してください。
サージタンクやパワトラ等につないでみました。
経過を見て改良したいと思います。
今のところ効果は、アイドリング時の負圧が高くなったこと。
若干燃費が良くなったかな?って感じです。前回ツーリング
read more

ブローオフバルブ取り付け

今回はブローオフバルブをつけてみました
Z32用としてはHKS、ブリッツ、ARCなどから発売されています
ほとんどはヘッドライト裏側付近に取り付けることになるので私のZの場合、HIDのバラストをこの辺につけているので取り付けるスペースがありません

ってことで多少の改造をして純正と同じような位置につけることにしました

どうせつけるなら安定して動作してしかもいい音するものがいいのでアペックスのツインチャンバーブローオフバルブをつけることにしました

Z32用のキットは無いのでホースや取付ステーを自作することになります
ブローオフ本体は車種に関係なく同じものなのでヤフオ クで安いものを探しました

インプレッサ用とFD3S用のものをゲット!
ホースをつなぐ部分の形状が少し違います

インタークーラーからサージタンクへ向かうパイプを取り外し、ブローオフへつなぐホースを挿す部分の鉄パイプ(φ18)を溶接します
拡大するとこんな
read more