カテゴリー

parts

フロントパイプ交換


ヤフオクでゲットしたトラスト製のフロントパイプに交換しました。
フロントパイプを交換する事によって排気の抜けが良くなり結果的にパワー&トルクが上がります。
同時に触媒レスになってしまうので車検時にはノーマルに戻す必要があります。
作業はいつものように平谷デンソーで行いました

これが今日の食材
一番上がノーマル
太さの違いが分かります
ノーマルは特に触媒の入り口部分が細い
作業はすんなりといくはずだったが...

右側のフロントパイプがマフラーのフランジと角度が合わない!
30度近くずれているので無理矢理つけるとマフラーがプロペラシャフトに当たる!

困った.....

仕方がないので途中でカットして回転させて溶接する事に。

それにしても前のオーナーはどうやってつけていたんだろう?

右側が完了したところで今度は左側のねじが焼き付いていてナットをなめてしまった(–;)

サンダーでカットすることに。

ようやく作業完了!
後方から見たところ。
本来は凹んでいる部分が真下に来るはずなんだけど写真の通りずれています。
30分ほどで終わる予定だったのに2時間も掛かりました
さて効果のほどは?
マルチチェッカーでパワーチェックです。

測定結果

項目 単位
ブースト 0.60 0.75
パワー 交換前 ps 255.0 288.0
交換後 ps 278.1 306.5
ハッキリと効果が出ています。
ピークパワーも上がっていますが3000rpm付近からのトルクの上がり方が違います。
低回転域も交換前と変わらない印象でした。
性能面でのデメリットはなさそうです。
ただし触媒レスになるので車検時にはノーマルに戻す必要がある事と環境に厳しくなりそうです。

※マルチチェッカーは燃料消費量からパワーを計算しています。シャシーダイナモにかけて補正しないと正確なデータが取れない可能性があります。
あくまでも参考資料としてご覧下さい。

※この記事は2003年に書いたものを再編集したものです

コメント受付終了しました