カテゴリー

parts

アーシング


最近流行のアーシングを施してみました。
アーシングとはボディアースの抵抗を減らす為にバッテリーに直でつなぐものです。

バッテリーのマイナス端子を交換します。
これはケーブルをまとめやすいのと表面を銅で処理してあり抵抗が少ないから。
今回使用したのはオーディオ用の電源ケーブル。
サイズで言えば8スケアくらいでしょうか。
本当はもっと太いのが良いと思うのですが、適当なケーブルが手に入らなかったのでこれでやってみました。
圧着端子はホームセンター等で手に入りますが、圧着のための工具は高いのでハンマーでつぶしたり工夫が必要です。
私はいつもの平谷デンソーで専用工具を借りました。(^^)
アーシングのポイントは写真を参照してください。
サージタンクやパワトラ等につないでみました。
経過を見て改良したいと思います。
今のところ効果は、アイドリング時の負圧が高くなったこと。
若干燃費が良くなったかな?って感じです。前回ツーリングでは、初めてリッター10.8km走りました。(今までは10.1kmが最高)

※この記事は2003年に書いたもの再編集したものです

コメント受付終了しました